記事詳細ページ

おこしあうフォーメーション

おこしあうフォーメーション:画像

コミュニケーション力の斎藤孝氏と、組織自律力の佐藤剛氏の対談、
実はチームで働くのが苦手な日本人 / いま「チーム力」が注目されるわけという記事。

これからの時代、
「いかにして強いチーム(会社/組織)を作り上げていくか」
というテーマに、サッカーの組織づくりを参考に展開しています。

彼らは、リーガ・エスパニョーラ〈FCバルセロナ〉の
トータルフットボール」という考え方に注目。

FCバルセロナは、
スーパースターの選手を多く抱えるチームなのですが
同じようにスーパースターを抱える他のチームとは何が違うのか。

僕が小さい頃は
「全員サッカー」という言葉はあったのですが_______

一人の上手い人を中心にフォーメーションを形成して
その上手い人にボールを集めて得点を取りに行く、

といったサッカーが主流だったように思います。

それが今や世界中のチームが
FCバルセロナのトータルフットボールを
取り入れ始めているのだそうです。

誰もがボールを持った人をリーダーとして
得点を取るために一人一人が走りながら考え、判断し
プレーするトータルフットボール・・・


世の中がスピードアップしている現代社会。
一人一人のアイディアを大切にしながら
いかに「チーム力」を高めていけるか。

そのポイントは・・・

1.アイディアを愛でる
2.少数精鋭のクリエイティヴなチーム
3.創発リーダーシップ〜ボールを持った人がリーダー
4.雑談を生かしたコミュニケーション


仲間と共に「おこしあうフォーメーション」

新しい組織づくりが問われています。



・・・・・・・・・・・ 〈山形の熱い若人・急募〉 ・・・・・・・・・・・

 10月5日(土)に行う「山形若者交流ネットワークMeeting vol.6」では、
 同じ時間、同じ場所で、同じ山形を思う若者100人が集い、
 山形のためにアイディアと智恵を出し合い、掛け合います!

 おこしあうためのフォーメーションの準備はできました。

 まだ空きはあります。
 一緒に山形をおこしあいましょう!

 → 詳細はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013.09.26:[スタッフ (JUN)]